日本舞踊師範&留学アドバイザー『ゆうこ』のブログ@群馬・桐生

海外留学・旅行会社勤務の経験と、日舞と着物の師範という立場で、留学のアドバイスを致します。群馬県桐生市は和の文化がギュッと詰まった素敵なまち。ここから留学準備を応援していきます。

染めの新たなステージへ ~土田産業さん②~

創業102年の「株式会社土田産業」さんが

2011年から立ち上げた『色創館』ブランド。

長い歴史と新しい技術がおりまぜられ、

ひとつひとつ手染めされた、二つとない商品が手にできます。

色創館への想いはこちらから→色創館ものがたり

 

f:id:yuko-wa-yuya:20150830012349j:plain

綿・麻・レーヨン・ウールなど、

季節や、その生地だから出る色合いの商品を手に取ることができます。

 

その中でも私が一番感動したのは、

シルクの真っ白のショール!

今まで「色に染める」って言ってたのになぜ?って感じですよね(笑)

これも、元の糸の色から白に染めているんです。

f:id:yuko-wa-yuya:20150830015818j:plain

この手触りと白の風合い…たまりません!

これを身に着けられると思うだけでも、テンションが上がります。

すごくやわらかいシルクなのに、自宅でお洗濯が可能です♪

 

そして、もう一つ。

色創館ワークショップcolors』。

 

f:id:yuko-wa-yuya:20150830012502j:plain

一見おしゃれなカフェみたいに見えますが、

染めの体験や、広い工場を座ったまま見たりできる施設。

 

f:id:yuko-wa-yuya:20150830012500j:plain

工場内を見せていただいた後にこちらを拝見したので

本格的な機材が縮小されて設置されているのがよーくわかりました。

 

f:id:yuko-wa-yuya:20150830012341j:plain

瓶に詰められた色たちは、

試しで染めたけど使われなかった色の生地や、

今まで廃棄していた生地たちだそうです。

こうして瓶詰されるとすでにアートですよね。

 

たくさんの瓶詰された色の迫力に驚き、

瓶の中の一枚一枚の微妙な違いや、色の多さを見てると、

とーってもワクワクします♪

 

伝統に甘んじることなく進化を続ける土田産業さん。

今回はシロウトの私にわかりやすくお話してくださったけど

きっともっと深いお話が聞けるはず。

まずはあの真っ白のショールを手にできる人になろうと思います。