日本舞踊師範&留学アドバイザー『ゆうこ』のブログ@群馬・桐生

海外留学・旅行会社勤務の経験と、日舞と着物の師範という立場で、留学のアドバイスを致します。群馬県桐生市は和の文化がギュッと詰まった素敵なまち。ここから留学準備を応援していきます。

着物を着ていると、カラダが痛くなることありませんか?

「着物を着てると、だんだん腰が痛くなるんですよねー。

 帯をきつく締めすぎなんでしょうか?」

 

いいえ、それは普段の姿勢が悪いんだと思いますよ。

あくまで自論ですが。

 

普段姿勢が悪いままPCを打ったり、事務仕事をしている方は

どうしても、腰も背中も肩も丸まりがち。

着物や帯は平面で出来ていますから、

それをカラダにまとうと、自然とまっすぐになります。

 

慣れない方が着物・帯を着てすぐは、その気持ちよさにウキウキします。

でも、数時間経ってくると、カラダのいろんなところが悲鳴をあげます。

人によっては太ももとか。

 

普段使っていない筋肉や伸びた筋が、疲労してくるんですね。

それから、着てる人のイメージで「着物着てるからちゃんとしてよう」っていう思い込みがカラダを固くして、余計な筋肉を使っちゃう。

 

これが着物を着ていると腰が、カラダが痛くなる理由かと思われます。

 

でもね、着物を着ることに慣れればこれも解消されます。

自分の着付けも慣れてくるし、

着物が普段着になれば、カラダを固くする必要もなくなります。

 

今日はかさこ塾10期生の4回目、最終回でした。

最終回はプレゼンが課題だったので、

説得力を上げるにはやっぱ着物でしょ!ってことで

日舞の先生から譲り受けた着物でおでかけ♪

 

早目についたので近くのカフェで軽いランチをしていると

「お着物素敵ですね。私も半年前から教室に通いだしたところなんですよ」

と声をかけていただきました。

今日の話題はこの方からのご質問。

着物を楽しみたい、という気持ちがあるからこそ

お悩みを解消されたかったんでしょうね。

一回でも多く着て、着物に親しんでほしいなぁと思いました。

 

かさこ塾に行かなければなかった出会いが、また一つ増えた一日でした♪