日本舞踊師範&留学アドバイザー『ゆうこ』のブログ@群馬・桐生

海外留学・旅行会社勤務の経験と、日舞と着物の師範という立場で、留学のアドバイスを致します。群馬県桐生市は和の文化がギュッと詰まった素敵なまち。ここから留学準備を応援していきます。

日本舞踊を続けるといいことがある。

立ち姿・姿勢が良くなる。
日舞でのしぐさが、自然と普段の生活でも役に立つ。 
しなやかさが、女子力をアップさせる。
練習をすればするほど、年数を重ねるほど、あじや雰囲気ががでて楽しくなってくる。
ゆかた・着物が着られるようになる。
定期的な運動になり、足腰が丈夫になる。
カラダひとつで表現できるので、どこでも披露できる。
 
など。
今や芸歴27年。
日舞をすることが当たり前になっている私。
よく褒めていただくことを含めて、書いてみました(笑)
 
はじめたきっかけは母の友達が日舞の先生だった、っていう理由でしたけど
自分でいうのもなんですが、
先生から順番を覚え、写し取って表現することがわりと上手だったようで
褒めてもらうことが多かったんです。
今は分かりますが、先生の指導がホントに良かったんですよ。
それに気づかず、10代は調子に乗って何となく過ごしてしまい、
今となってはもう少し身を入れてお稽古してれば、と思うことも(汗)
 
身についた姿勢や目線・体の使い方は今も活かされてますし、
普段の生活でも自然と出てしまいますから
「色っぽいですね」なんて言われたりします(*^^*)
でも、実はサクサク動くタイプなので、
こんなこと言われるとムズムズして照れてしまいますが。
 
カラダの中心を意識しながら、でもしなやかに踊る日舞
年齢に関係なくいつまでも続けられる日舞
一度見るところから日舞に触れてみませんか?
 
-------------------------------------------
師匠の門下生&孫弟子の発表会。私も出ます。
 
雅慶保 おさらい会
 2015年9月27日(日)12:00開演
 桐生市市民文化会館 小ホール<入場無料>