日本舞踊師範&留学アドバイザー『ゆうこ』のブログ@群馬・桐生

海外留学・旅行会社勤務の経験と、日舞と着物の師範という立場で、留学のアドバイスを致します。群馬県桐生市は和の文化がギュッと詰まった素敵なまち。ここから留学準備を応援していきます。

オススメの帯締めアレンジ!

帯締め

店頭で販売しているものも、

カラフルでかわいいものも多いですよね♪

 

でも、ほかの人と差をつけたい!と思う方に

帯締めのアレンジ、ご紹介します♪

 

その1:細いベルト

初めは、1センチくらいの太さで

エナメルとか皮とかの素材で挑戦してみるといいかも。

帯や着物の柄・質によっては太いのもOK!

ベルトのバックル(?)が帯どめのようにアクセントになります。

 

その2:革ひもを自分で編む

手芸屋さんやホームセンター、ネットで手に入ります。

少し暗いイメージがあるかもしれませんが

革ひももいろんな色が出ていますから、

色の組み合わせと編み方次第でかわいく、華やかにできると思います。

お手製。

これ以上愛着のわく帯締めはないですよね。

 

その3:バックの斜め掛け用ひも

これも手芸屋さんで手に入ります。

ベルト同様、カニカン(バッグにつなげる金具)が帯上でアクセントになります。

しかもストラップ部分が自分の体形に合わせて調整が可能!

万能です♪

 

どのアレンジも、帯は正絹は避けた方がいいと思います。

ずれずにしっかり留まるし、金具で帯を痛める可能性があります。

綿素材が良いかもです。

 

それから、

しっかりとめるのであれば、やはり正絹の帯締めをおすすめします。

袋帯などをとめるには心もとないですからね。

 

今回紹介した帯締め以外でも

可愛くて実用的な帯締めもあると思いますので

ぜひ身近なもので探してみてくださいね(^^♪