日本舞踊師範&留学アドバイザー『ゆうこ』のブログ@群馬・桐生

海外留学・旅行会社勤務の経験と、日舞と着物の師範という立場で、留学のアドバイスを致します。群馬県桐生市は和の文化がギュッと詰まった素敵なまち。ここから留学準備を応援していきます。

現代の郷土料理「おっきりこみ」 ~まつもとやさん~

桐生市の代表としてだけではなく、

群馬の伝統食の代表として取り上げられる「磯きりそば まつもとや」さん。

和食屋さんらしい店構えと

具だくさんで醤油のいい匂いのするおっきりこみが

ほっ♪とさせてくれるお店です。

 

大通りから少し入ったところにあるお店は

いつ行っても満席。

食事にちょうどいい時間に行くと、少し並ぶかもしれませんが

並んで食べても絶対後悔しません!

 

元フレンチのシェフだった店主 西須さんが腕を振るう、おっきりこみが絶品。

『お切り込み』

富岡製糸場が象徴するように、群馬で養蚕・絹糸生産の盛んだった頃は、女性も総出で労働に従事。仕事をしながら食卓をきりもりするかつての「かかあ」が編み出した郷土料理がお切込みです!うどんとは違い、塩を入れずに麺を打ち、ゆでずに生麺のまま煮込むため、汁とのなじみが良く、溶け出した打ち粉のとろみが独特の風合いで◎

実は私、煮込みうどんがあまり得意ではありません(苦笑)

でも、初めてまつもとやさんのおっきりこみを食べたとき、

スープと具材の風味がしみ込んだ麺は、もっちり感とジューシーさが美味しくて、

おかわりしてしまうほどでした。

アツアツの麺を『ハフハフ♪』言いながら食べる幸せ感は

おっきりこみのあの麺の太さがとっても重要です!

 

お店では2人前からの注文ですが

出てきてビックリ!

これが2人前ですか?! 

f:id:yuko-wa-yuya:20151001015128j:plain

 

そのまま西須さんに尋ねてみると、

「食べきれなかったら、持って帰って。

 お家でご飯と一緒に煮直して食べるとさらに美味しいんだよ。

 だから、昔から初めから煮直すこと前提で作っていたんだ」

 

へーーー!

おっきりこみには、忙しい工女の人たちが

時短で美味しく食事をする知恵が満載なんですね。

f:id:yuko-wa-yuya:20151001015125j:plain

 

ただ「素朴な味わい」という言葉で片付けられない、

懐かしい雰囲気を感じながらも、古い感じは全くない、

今の時代にあった郷土料理・伝統食のおっきりこみを味わってみてください。

 

そして、なんとちょうどよく

明日10月1日から

「第二回おっきりこみプロジェクトスタンプラリー」が始まります。

ぜひ味比べもしてみてくださいね♪

f:id:yuko-wa-yuya:20151001015130j:plain